飲む人も造る人も幸せに。「マスダの南アフリカワイン専門店」では、環境にやさしい、社会貢献活動に力を入れた、高品質な数々のワインをご紹介しています。

南アフリカワイン日記

南アフリカワイン:2月以降の予定

<2月>

7日11-17時:マスダ展示会@OMMビル(大阪市天満橋。業者向け)

13-20日:南アフリカ・ワイナリー訪問ツアー(業者向け)

15-17日:スーパーマーケット・トレードショー@千葉幕張メッセ(ベリンガム社出展)

http://www.super.or.jp/

(2/3~発売予定)

・(新)ストームフック・オーガニック・ホワイト2016

・ベリンガム・ホームステッド・シラーズ2014(再)、同シャルドネ2015(再)

・(新)ヴィラフォンテ・シリーズM

 

<3月>

8-14日:試飲販売@阪神梅田本店地下ワイン売場(大阪市北区)

13-19日:南アフリカワイン・ウィーク@ラブワイン(大阪市北区)

19日13-16時:南アフリカワインと旬の野菜を愛でる大人時間第2弾@グイットーネ(大阪市中央区)

 https://www.facebook.com/events/1829919483937687/

3/29-4/4:試飲販売@阪急梅田本店地下2階ワイン売場(大阪市北区)

(3/21~発売予定)

・グレネリー・エステート・リザーブ・シャルドネ2014(開けやすいキャプシール)(再)

(3月末発売予定)

・(新)キアモント・テラッセ2014、同シラー2013、同フルーフォンテイン2015(375ml)

・(新)ハーテンバーグ・カベルネ・シラーズ2013

 

<4月>

5-11日:試飲販売@阪神梅田本店地下ワイン売場(大阪市北区)

11-18日:世界の酒フェスティバル出展@大丸東京店

19日:ワインコンプレックス共同展示会出展(名古屋)

24日:南アフリカワイン共同試飲会出展@八芳園(東京)

24-25日:ポールクルーバー、グレネリー来日(東京)

24-26日:ハーテンバーグ来日(東京)

26日14-20時:南アフリカワイン優良生産者の試飲会@ダイブトゥワイン(東京外苑前)

ハーテンバーグ参加。

(入荷予定)

・カノンコップ・ピノタージュ2007(バックヴィンテージ)

・(新)クローヌRD2001(予約完売済)

・(復活!)ロバートソン・ピノグリージョ2015

・(新)リーベック・ソーヴィニョンブラン2016、同ヴィオニエ2016

・(新)フレッジ・ヴァガボンド・ケープホワイト2015、クリップスプリンガー・スティーン2015

・(新)ドルニエ・ココアヒル・ソーヴィニョンブラン2015、ブッシュヴァイン・シュナンブラン2016、サイレン・シラー2015、イクアニティ・カベルネソーヴィニョン2015

 

<5月>

3-9日:大ワイン祭@阪神百貨店梅田本店8階(大阪市北区)

6-12日:ポールクルーバー来日(大阪、東京)

11日:ワイン東京出展(東京)

17日:ワインコンプレックス共同展示会出展@太閤園ガーデンホール(大阪市)

20日18時~:南アフリカワイン会@野村松花堂(京都市中京区)

(入荷予定)

・(新)ストーム・フレダ・シャルドネ2016、同イグニス・ピノノワール2015

・ポールクルーバー・シャルドネ2016(新VT)

 

<6月>

7-13日:試飲販売@阪神梅田本店地下ワイン売場(大阪市北区)

21-27日:試飲販売@阪神梅田本店地下ワイン売場(大阪市北区)

 

<8月>

16-9/5日:試飲販売@阪神梅田本店地下ワイン売場ウェストステージ(大阪市北区)

 

<9月>

8/16-9/5日:試飲販売@阪神梅田本店地下ワイン売場ウェストステージ(大阪市北区)

(入荷予定)

・ブーケンハーツクルーフ・7つの椅子・シリーズ3種(2015VT)

 

<10月>

2-6日:ブーケンハーツクルーフ来日(大阪、東京)

 

※諸事情により予定が変更になる場合がございます。

ワーウィック・ファーストレディ・ドライ・ロゼを使ったグミのレシピ

ワーウィック・ファーストレディ・ドライロゼ

ワーウィック・ファーストレディ・ドライ・ロゼ

を使ったグミのレシピ。

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1268979903195303&id=179510725475565

 

誰かやってみて!

 

私、個人的にロゼが好きで、
南アフリカの色々なロゼも飲んできましたが、
このロゼはかなり好きです。
非常にチャーミングで評判も良いです。
是非お試し下さい。
http://southafricawine.jp/?pid=108166792

2016年南アフリカワイン売上ランキング・トップ20

以下、2016年に活躍した南アフリカワイン・売上ランキング・トップ20です。

商品名の最後に「↑」印が付いているものは、前年比120%以上と、顕著に数字が伸びた商品です。

価格は税別小売価格です。迷った時のご参考になればと思います。

 

 

1.マン・カベルネ・セラーセレクト 1300円

2.ブーケンハーツクルーフ・ウルフトラップ・レッド 1300円

3.ナマクワ・ドライレッド3Lボックス 2350円

4.Organicムーンライト・シラーズ 1150円

5.マン・ピノタージュ・セラーセレクト↑ 1300円

6.Organicムーンライト・シュナンブラン・ソーヴィニョンブラン 1150円

7.ナマクワ・ドライホワイト3Lボックス 2350円

8.グレネリー・エステート・リザーブ・レッド(旧名グランヴァン・レッド)↑ 2500円

9.ロバートソン・ソーヴィニョンブラン 1100円

10.ステレンラスト・MCCスパークリング↑ 2750円

11.ブラハム・ピノタージュ 2200円

12.ゴヤ・シャルドネ・ソーヴィニョンブラン 1000円

13.ポールクルーバー・ピノノワール↑ 2800円

14.ゴヤ・シラーズ・ピノタージュ 1000円

15.ポールクルーバー・シャルドネ 2700円

16.ロバートソン・ルビーカベルネ 1100円

17.ロバートソンCRNo.1シラーズ↑ 4100円

18.ポールクルーバー・ソーヴィニョンブラン 2300円

19.ロバートソン・ピノノワール 1400円

20.グレネリー・エステート・リザーブ・シャルドネ(旧名グランヴァン・シャルドネ)↑ 2500円

 

<コメント>

■総評■

1000円前後の低価格ラインは、チリの500円前後のワインの活躍の陰に隠れて

数字を落としました物も多くありました。その代わりに2,000円以上のワインが

数字を大きく伸ばし、全体を引き上げてくれました。

南アフリカがチリの500円ワインに価格で争っても勝てません。

前から申し上げている通り、南アフリカの勝負所は小売2000-5000円の価格帯です

そういう意味では、弊社が意図している価格帯のワインが大いに活躍してくれました。

今後も、南アフリカワインは、中価格帯以上のワインで世界のワインと勝負していきます。

 

■個別アイテムのコメント■

●5番は、サクラアワード2016 ダブルゴールド&韓国料理に合うベストワイン賞 大賞受賞の

ダブル受賞で、上半期に欠品が出るほど数字が伸びました。

●8番:グレネリーはまだ3年目にしてついにトップ10入り。野球で言えば新人王&ベスト9入り

みたいな優秀な若手です。ワイナリー別売上ランキングでも、中価格帯ワインでずっと1位

だったポールクルーバーに迫る数字を出しました。2017年は確実にグレネリーが

1位になる予想で、まだまだ伸びそうです。

●10番:2015年世界スパークリングワイン・チャレンジで1位に選ばれた効果で、

圏外からトップ10入りのシンデレラボーイになりました。

●13番:ポールクルーバーと言えば、「シャルドネ」が看板商品でしたが、

昨年は品薄になったたため、ピノノワールが同社の1位になりました。

ブルゴーニュワインの高騰により、南アフリカのリーズナブルなピノノワールとして、

そのポジションを埋める役割をして安定して伸びています。

●17番:小売価格4100円もするのにトップ20に入る活躍を見せる「ロバートソン社の

フラグシップ」です。毎年安定した伸びでついにランクイン。

●20番:「グレネリー=赤」のイメージですが、昨年はポールクルーバー・シャルドネの欠品もあり、

その代わりを埋める勢いで数字を伸ばしてくれました。小売2500円で、某有名なワインの先生にして

「まるでムルソー!」と言わしめた実力が広く認められました。

昨年末から、大阪で今最も勢いのあるレストラン・チェーンの一つ、某有名店でも全店採用された為、

2017年は更に上位に入りそうです。

以上。

ページの先頭へ