飲む人も造る人も幸せに。「マスダの南アフリカワイン専門店」では、環境にやさしい、社会貢献活動に力を入れた、高品質な数々のワインをご紹介しています。

南アフリカワイン日記

「メディア」カテゴリーの日記一覧

あまから手帖2017年11月号で南アフリカワインが紹介されました。

あまから手帖2017年11月号110-111ページ。

「岡さんの知ったか!ワイン塾」5年生 南アフリカ共和国編

 

紹介されたお店:料理研究所モンテラート(大阪市北新地)

紹介されたワイン:

・ステレンラストMCCスパークリング

・ベリンガム・バーナード・オールドヴァイン・シュナンブラン

・カノンコップ・ピノタージュ

 

あまから手帖2017年11月号

ワインマグ主催、 プレシエント・シャルドネ・レポート2017 結果発表

http://www.winemag.co.za/…/Prescient-Chardonnay-Report-2017…

南アフリカのトップ・シャルドネを評価するイベント。

 

今年はトップ3全てがステレンボシュ産が選出。
ヴィンテージは全て2016だった。

 

2015ヴィンテージが過去30年でも最高ヴィンテージと
評価されているが、私個人的には2016も決して悪くないと、
感じている。

 

そのトップ3の一つが、マスダの定番商品でもある
ラステンバーグ・ステレンボシュ・シャルドネ2016
http://southafricawine.jp/?pid=93901606

今回は、最近では、シャルドネの産地として
評価の高いエルギンを伝統産地である
ステレンボシュが制した。

 

シャルドネの味に関して、
エルギンは、よりレモン、ライム、グレープフルーツなどの
柑橘系で、酸は比較的シャープで豊か。

 

ステレンボシュは、エルギンより少し暖かく、
柑橘系の要素もあるが、梨や桃などの要素も
入ってくる。

 

ステレンボシュがバランス型、
エルギンが酸の効いた綺麗系、
という感じ。

 

前にも話したが、
南アフリカは、シャルドネ王国でもある。
シャルドネは世界中で栽培されているが、
その中でも南アフリカのシャルドネは
高品質でリーズナブル。

 
シャルドネ好きにはたまらない。
http://southafricawine.jp/?mode=grp&gid=1244410&sort=p

<メディア>マン・ピノタージュ・セラーセレクトがクロワッサンに掲載されました。

 

 

 

 

雑誌クロワッサン(2017年10月10日号)の

「手みやげをひとつ」のコーナーで、

女優、高橋ひとみさんに

マン・ピノタージュ・セラーセレクト

を紹介してもらいました。

人気商品ですので一度お試し下さい。

クロワッサン掲載表紙_マンピノクロワッサン掲載_マンピノ

 

●商品案内:

http://southafricawine.jp/?pid=93901576

ページの先頭へ