飲む人も造る人も幸せに。「マスダの南アフリカワイン専門店」では、環境にやさしい、社会貢献活動に力を入れた、高品質な数々のワインをご紹介しています。

南アフリカワイン日記

南アフリカ・ワインツアー:2019年2/16-24(9日間)

■日程:2019年2/16-24(9日間)

■旅行代金:388,000円(税込)←2人1部屋の料金。

20190216-24南アフリカワインツアー2019案内状

■募集締切:2018年12/25(火)。既に募集は締め切りました。

■問合せ:株式会社マスダ 担当:三宅

電話:06-6882-1070

 

■ツアー内容:状況により変更になる場合がございます。

※チラシの内容と下記のハーテンバーグとカノンコップの順番が入れ替わっています。

チラシ作成後に、順番が変わりましたので、下記が正しい順番です。

 

2/16(土)

初日。関西以外の方も全員、関空に集合、出発になります。

大阪→シンガポール経由。

 

2/17(日)

2日目。午前中にケープタウン到着。

その後、ケーブルカーでテーブルマウンテン登頂(天候により中止になる場合があります)。

頂上からの壮大な景色をお楽しみ下さい。頂上でランチ。

それからホテルに向かいチェックイン。

■宿泊予定ホテル:プロテアホテル・ステレンボシュ

リフレッシュしてから夕食です。

夕食は、Helena’s Restaurant(ステレンボシュ)です。

ワインは、①アリステア・ワインを用意します。

このワイン、まだ未輸入ですが、今年導入を考えているワインです。

どのアイテムも綺麗で洗練され、丁寧に作られていることが分かるワインです。

当日は、醸造責任者のマシューがワインの解説をしてくれます。

 

2/18(月)

3日目から本格的なワイナリー訪問になります。

ワイナリー訪問は、基本的には、醸造所や畑の見学、テイスティングなどが

共通する内容になります。

さあ、今回初日が一番詰まっていてハードなスケジュールです。

初日は、南アフリカワインの中心地、ステレンボシュの南側、

やや冷涼なステレンボシュの生産者を訪ねます。

キアモント:ティムアトキンMW南アフリカワイン格付け1級生産者。

これまでのツアー参加者のアンケートでも人気上位に入るワイナリー。

一つ一つ丁寧に手作りされるワインをお楽しみ下さい。

★注目品種:シュナンブラン、シラー、ボルドーブレンド、デザートワイン他。

ラーツ:ティムアトキンMW南アフリカワイン格付け1級生産者。

2018年プラッター(南アフリカワインの評価本)年間最優秀ワイナリー。

シュナンブランとカベルネフランに特化した生産者。

ここでは、オーナー兼醸造家で、「シュナンブラン・キング」と呼ばれる

ブルーワーから、これらの品種の話や別ブランドの④Bヴィントナーズ

ワインも紹介して頂き試飲します。

ここでランチもあります。

★注目品種:シュナンブラン、カベルネフラン、ピノタージュ他

ライナカ:ティムアトキンMW南アフリカワイン格付け1級生産者。

南アフリカで最初のオーガニック&ビオディナミ生産者。

ビオディナミの畑や農法を学びます。

★注目品種:ソーヴィニョンブラン、シュナンブラン、シラー、カベルネソーヴィニョン他。

ウォータークルーフ:ティムアトキンMW南アフリカワイン格付け5級生産者。

こちらも 南アフリカで有名なオーガニック&ビオディナミ生産者。

ビオディナミの畑や農法を学びます。ワインはとても繊細で綺麗なタイプです。

夕食は、2018年南アフリカNo.1レストランに選ばれた

ウォータークルーフのレストランで。お楽しみに。

★注目品種:スパークリング、ソーヴィニョンブラン、シュナンブラン、シラー、サンソー他。

 

2/19(火)

4日目。ステレンボシュの北側、やや温暖で赤ワイン産地のステレンボシュを回ります。

ヴィラフォンテ:ティムアトキンMW南アフリカワイン格付け2級生産者。

アメリカと南アフリカのコラボレーションから生まれたスーパー・ボルドーブレンドです。

★注目品種:ボルドーブレンド。

グレネリー:ティムアトキンMW南アフリカワイン格付け3級生産者。

正統派ボルドーワインを受け継ぐフレンチニュアンスの南アフリカワイン。

日本でも大人気のグレネリーですが、

南アフリカでもトップクラスのグラヴィティ・システム採用のセラーをご見学下さい。

施設内に併設されているビストロで美味しいランチも楽しめます。

★注目品種:シャルドネ、ボルドー赤品種。ボルドーブレンド。

ハーテンバーグ:ティムアトキンMW南アフリカワイン格付け1級生産者。

ハーテンバーグを見学する前に、施設内にある

ペブルス(子供の教育支援施設)を見学します。

これは、弊社が輸入しているドルニエ・ココアヒルワインで、

輸入1本あたり50円をこの施設の活動費応援として寄付しているプロジェクトです。

南アフリカの教育の現状を知り、可愛い子供達と触れ合える楽しい機会です。

その後、ハーテンバーグの見学です。

シラーズのスペシャリスト。畑の違うシラーズを試飲しながらテロワールの違いを感じてください。

夕食は、施設内のレストランで頂きます。

★注目品種:シラーズ飲み比べ。

★ペブルスとハーテンバーグの見学には、南アフリカのマスターオブワインで、

南アフリカワインの評価本の権威、「ジョン・プラッター」のテイスターも務める

キャシー・ヴァンジルMWも参加予定です。彼女に南アフリカワインのことを

質問できる良い機会になります。とても気さくな方です。

 

2/20(水):

5日目。この日は、ステレンボシュより南のヘメル・アン・アード、エルギンを訪問します。

南アフリカのワイン産地で最も冷涼なエリアです。

酸味豊かでエレガントなワインが作られています。

ストーム:ヘメル・アン・アード地区。ティムアトキンMW南アフリカワイン格付け2級生産者。

これまでのツアーで参加者の方から最も人気のあった生産者です。

畑違いのピノノワールを試飲しながらテロワールの違いを感じてください。

ランチもこちらで頂きます。

★注目品種:産地違いのピノノワールの飲み比べ、シャルドネ。

ポールクルーバー:エルギン地区。ティムアトキンMW南アフリカワイン格付け1級生産者。

「このワインを知って、南アフリカワインを好きになりました。」

と、よく言われる、日本でも大人気のポールクルーバー。

更に⑫キャサリン・マーシャル、⑬ジュリアンスカールも加わりますので

エルギンのテロワールを学ぶ「エルギン祭り」になる予定です。

夕食は、ポールクルーバー内で頂きます。

★注目品種:シャルドネ、ソーヴィニョンブラン、リースリング、シュナンブラン、

ピノノワール他。

・キャサリン・マーシャル:ティムアトキンMW南アフリカワイン格付け3級生産者。

・ジュリアンスカール:フランス・アルザスのグランクリュ生産者兼南アフリカ・シャルドネの専門家。今回は、新作、ウォーカーベイのシラーも試飲予定です。

 

2/21(木):

6日目。この日は、ステレンボシュより北側、より暖かいトゥルバッハ、

スワートランドに向かい、最後はステレンボシュに帰ってきます。

暖かい地方でワインはどのように作られているか?に注目です。

クローヌ:トゥルバッハ地区。スパークリングワインの専門家。

南アフリカNo.1 のMCC生産者。スパークリングワインの製造工程を見学します。

ランチはこちらで美味しいMCCと一緒に頂きます。

★注目品種:MCC(シャンパーニュ製法のスパークリング)

デイビッド&ナディア:スワートランド地区。

ティムアトキンMW南アフリカワイン格付け1級生産者。

前述のストームと人気を二分する、ツアー参加者の方から最も人気のある生産者です。

乾燥した灼熱の大地、スワートランドで作られる自然派ワインを楽しみます。

今や南アフリカを代表する新世代生産者デイビッドのワイン、

そして彼の弟子アンドレが作る⑯シティ・オン・ア・ヒルのワインを紹介します。

アンドレのワインは、まだ未輸入ですが、今年導入を考えています。

デイビッドにも負けない素晴らしいシュナンブランを作っています。

★注目品種:シュナンブラン、同ブレンド、ロゼ、ピノタージュ、グルナッシュ、赤ブレンドなど。

カノンコップ:ステレンボシュ北側。ティムアトキンMW南アフリカワイン格付け1級生産者。

今年ティムアトキン史上初の100点を叩き出した南アフリカワインの大御所ワイナリー。

個人的にも世界最優秀醸造家に2回も選ばれたアブリー・ビスラールが作る

世界最高峰のピノタージュとボルドーブレンドを中心に楽しみましょう。

夕食は、カノンコップでフィッシュ・ブライ(魚のバーベキュー)を予定しています。

★注目品種:ピノタージュ、ボルドーブレンド他。

★カノンコップのプログラムには、南アフリカのマスターオブワインで、

南アフリカワインの評価本の権威、「ジョン・プラッター」のテイスターも務める

キャシー・ヴァンジルMWも参加予定です。彼女に南アフリカワインのことを

質問できる良い機会になります。とても気さくな方です。

 

2/22(金):

7日目。お楽しみサファリです。

大自然と野生動物、ビッグ5(ファイブ:ライオン、ヒョウ、象、サイ、バッファロー)を

探しにいきましょう。

夕食は、⑱ロングリッジ。ステレンボシュの南側、やや冷涼な産地です。

ティムアトキンMW南アフリカワイン格付け3級生産者。

オーガニック&ビオディナミ生産者です。こちらでは、試飲と夕食のみになります。

★注目品種:MCC、シュナンブラン、シャルドネ、ピノノワール、ピノタージュ、メルロ他。

 

以上。

総勢18ワイナリーが参加する、過去最高に内容の詰まったツアーです。

 

2/23(土):

8日目。名残惜しいですが、帰りましょう。

ケープタウン→シンガポール経由。

 

2/24(日):

9日目。さあ、帰国。夜着になります。

夢は終了。現実に引き戻されますよ!

お疲れ様でした。

以上。

南アフリカワイン2018年売上ランキング(本数ベース)

2018年1~12月の売上ランキング(数量ベース)トップ30です。

( )内は2017年の順位。

 

1 (1)マン・カベルネ・セラーセレクト
2 (2) ブーケンハーツクルーフ・ウルフトラップ・レッド
3 (3)ステラ・オーガニックス・ムーンライト・シラーズ
4 (4) ステラ・オーガニックス・ムーンライト・シュナンブラン・ソーヴィニョンブラン
5(16) リントンパーク76シャルドネ
6 (6) ロバートソン・ソーヴィニヨンブラン
7 (5) マン・ピノタージュ・セラーセレクト
8 (7) ナマクワ・ゴヤ・シャルドネ・ソーヴィニヨンブラン
9 (8) ナマクワ・ゴヤ・シラーズ・ピノタージュ
10(12) グレネリー・エステートリザーブ・シャルドネ
11(13) グレネリー・エステートリザーブ・レッド
12(11) ロバートソン・ゲヴェルツトラミネール
13(9) ナマクワ・ドライレッド
14(21) グレネリー・グラスコレクション・カベルネ
15(10) グランプロヴァンス・エンジェルズティアーズ・ホワイト
16(15) ロバートソン・ルビーカベルネ
17(25) ポールクルーバー・エステート・ピノノワール
18(46) ロバートソン・シュナンブラン
19(26) ポールクルーバー・シャルドネ
20(14) ブーケンハーツクルーフ・ウルフトラップ・ホワイト
21(19) リーベック・スパークリング・ブリュット
22(22) マン・シャルドネ・セラーセレクト
23(23) ステレンラスト・スパークリングNV
24(17) ロバートソン・ピノノワール
25(27) ブラハム・シュナンブラン・アンウッド
26(18) ナマクワ・ブランドブラン
27(20) ブラハム・ピノタージュ
28(32) ブーケンハーツ・ポークパインリッジ・ソーヴィニヨン
29(28) ポールクルーバー・ゲヴェルツトラミネール
30(45) バデンホースト・セカチュア・シュナンブラン

 

<コメント>

①上位陣はいつも通り。

②5位になったリントンパーク76シャルドネは昨年最も伸びました。

③グレネリーは、エステートリザーブが変わらない人気。

小売2650円で10-11位に位置しているのは立派。

④ポールクルーバーも日本に導入して20年になりますが、

変わらずずっと伸びている強いブランド。

⑤18位のロバートソン・シュナンブランは

昨年のサクラアワード・ダイヤモンド・トロフィ受賞のお陰です。

以上。

今年は、

ステレンラスト・シュナンブラン・スパークリング

ココアヒル・レッド

ココアヒル・シュナブラン

などが、JALビジネスクラス・ラウンジ(サクララウンジ)に採用されている為、

これらのアイテムが上位に入ってくるだろう。

2019ラグビーワールドカップ日本開催:南アフリカワインの生産者と一緒に応援しよう!(9/21/土)

「南アフリカワインの生産者と一緒に応援できる観戦チケット+ホテル宿泊付パック」

南アフリカ代表VSニュージーランド代表

予選リーグ(プールB)最注目のカード!

9/21(土)18:45~ @横浜国際総合競技場

 

●料金:お一人様税込9万円(チケット代5.5万円+ホテル宿泊代(2名1部屋の1人分)3.5万円)

  1人部屋希望の場合は税込12.5万円(チケット代5.5万円+ホテル宿泊代7万円)になります。

チケットと宿泊はパックになってますので、チケットのみの希望は受け付けられません。

●宿泊:ホテルオークラまたは同等クラス。9/21(土)1泊、試合後の宿泊になります。

●募集締め切り:2019年1月末。定員になり次第締め切らせてもらいます。完売必至ですのでお急ぎ下さい。

※チケットの配布は、弊社南アフリカワインの取引先様を優先させて頂きます。

●チケット希望/問合せ: ㈱マスダ 担当:三宅

電話06-6882-1070 または miyake(a)masuda-jp.com (a)を@に変換して下さい。

ご連絡の際は、お名前(フルネーム)、連絡先(携帯)、希望の部屋(2名1室か1人部屋)を

ご連絡下さい。

チケットの代金は、後日手配会社の旅行代理店様に振り込んで頂きます。

 

■来日予定生産者(2019年1月9日現在):

ポールクルーバー

ヴィラフォンテ

ラステンバーグ

ラーツ

カノンコップ

ステレンラスト

ストーム

グレネリー

デイビッド&ナディア

■試合当日までに映画「インビクタス」を御覧になられることをお勧めします。

インビクタス動画

■試合当日までに南アフリカ国歌を生産者と一緒に歌えるように練習しておきましょう。

南アフリカ国歌(歌詞付)

国歌(試合前のイメージ:NZと南アフリカの国歌斉唱+haka)

2019年ラグビーワールドカップ公式サイト

南アフリカ代表「スプリングボクス」紹介

 

アタラクシア・シャルドネ2015が1位評価:グレート・シャルドネ・チャレンジ・ヘメルアンアードVSニューワールド

新年の1月4日、イギリスの著名なミシュラン星付きのレストラン経営者で、

ワインライターやワイン審査員もこなし、南アフリカワインの大ファンでもある

ロジャー・ジョーンズが主催する「グレート・シャルドネ・チャレンジ」が

南アフリカ・ヘメルアンアードのニュートンジョンソンで行われた。

 

審査員はロジャーがイギリスから連れてきた7人のチーム。

出品されたワインは、南アフリカ・ヘメルアンアード地区を代表する

シャルドネと新世界のシャルドネ、計23アイテムの比較。

そこでアタラクシア・シャルドネ2015が1位のトロフィを受賞。

アタラクシア・シャルドネ

その他の結果、順位は下記参照。

190108THE-GREAT-CHARDONNAY-CHALLENGE

残念ながら2015VTは完売しています。

現在は2016VTを販売しています。

 

アタラクシアのオーナー兼醸造家のケヴィンは、この結果に驚いていない。

それは2017年4月のデカンター誌の「南アフリカ・シャルドネ特集」でも

南アフリカを代表する120のシャルドネの中から

この2015アタラクシア・シャルドネが見事1位評価だったからだ。

詳しくは下記参照。

20170411デカンター2017年4月号シャルドネ

 

以下、アタラクシアのケヴィンからのメール(原文):

ATARAXIA CHARDONNAY 2015 TAKES TOP HONOURS –  

THE GREAT CHARDONNAY CHALLENGE:

HEMEL-EN-AARDE vs THE NEW WORLD

4th JANUARY 2019

Roger Jones, highly respected UK restauranteur, wine writer, wine judge and Michelin-starred Chef, is a keen advocate and friend of South African wines. He hosted a taste-off on 4th January 2019 at Newton Johnson Winery between Chardonnays of the Hemel-en-Aarde vs The New World. Accompanying him from the UK was a hand-picked judging panel of seven people, who teamed up with the participating Hemel-en-Aarde producers to judge the 23 selected wines on the day.

On the day, the Hemel-en-Aarde wines blew the challengers away. That makes me very proud. What makes me prouder is that the  Ataraxia Chardonnay 2015 walked away with the top honour! The trophy, a beautiful Riedel decanter, is on proud display in the Wine Lounge.

The full rankings are attached above.

The Ataraxia Chardonnay 2015 is however, no stranger to the limelight, having shared the first place rating in an exhaustive review of 120-plus South African Chardonnay’s that are available in the UK an article that was published in the April 2017 issue of the DECANTER magazine.

Join the A(taraxia) team in celebrating these monumental achievements with us.

The dream continues……

ROGER JONES – Bio:

With years 40 years in the hospitality business, Roger is a highly respected Chef, having held  Michelin Star for 12 years in a row, and owns the highly acclaimed restaurant, The Harrow at Little Bedwyn. In addition to the restaurant business, Roger is also a respected wine writer working with The-Buyer.net as well as contributing to numerous wine journals including Decanter’s monthly panel tastings as well as judging The Taittinger Sommelier of the Year Competition, Decanter World Wine Awards, Germany Top 50 and Rioja 10×10.    

Best Chardonnay greetings,

Kevin

以上。

ページの先頭へ