酒類総合商社 株式会社マスダ

ブランド

ホームブランド > ウォーター・クルーフ Waterkloof

  • ウォーター・クルーフ Waterkloof

ビオディナミ、環境循環型農業"Honest Wine" 「誠実なワイン」

ウォーター・クルーフ Waterkloof [ ステレンボシュ地区 ]

[ 設立年度 ] 2004年

フランス系イギリス人の現オーナーのポール・ボートゥノウ(写真上段左より2枚目)は、イギリスでワイン輸入業で成功し、その後1993年から本当のテロワールを表現し、上質のワインが作れる畑を探し始めました。
コートドール、シャブリ、ポイヤック、バローロなども調査したが、10年かけて調査した結果、行きついたのが南アフリカ・ステレンボシュ・ヘルダーバーグのフォルスベイ(湾)」を眼下に見下ろせる海に近いシャーペンバーグの南側斜面でした。
畑の標高は海抜150-300m、フォルスベイからは4-5kmの所であり、ステレンボシュ地区内では、最も冷涼な場所です。

ポールは2004年にその農園を購入、2005年に初ヴィンテージを販売しました。その後、世界中のビオディナミの畑を訪問し、そのワインに触れ、2008年から自らもビオディナミに変わる事を決断。
そして、2009年に世界的にもユニークで芸術的なセラー、テイスティングルーム、レストランを完成させました。ウォータークルーフでは、自分達のワインを「Honest Wine」(誠実なワイン)、つまり、テロワールを誠実(正直)に表現したワインと呼んでいます。ワイン醸造に関しては、不干渉主義のアプローチ。
ワインは、様々な6つのレンジを持ち、自社畑のブドウに関しては、完全にビオディナミです。
低価格のピーコック・レンジは、周辺の畑からブドウを購入しているので、ビオディナミ農法ではないが醸造に関しては、ビオディナミ製法を採用している。今では、ステレンボシュを代表するビオワイン生産者に成長しました。

  • ウォーター・クルーフ

  • ウォーター・クルーフ

  • ウォーター・クルーフ

ウォーター・クルーフ

ウォーター・クルーフの商品紹介

ワイン

ブランドTOPに戻る

Page top