酒類総合商社 株式会社マスダ

ブランド

ホームブランド > ベリンガム Bellingham

  • ベリンガム Bellingham

300年以上の歴史を持つワイナリー

ベリンガム Bellingham [ コースタル・リージョン地域 ]

[ 設立年度 ] 1693年

ベリンガムは1693年に設立された300年を超える歴史あるワイナリー。
フランスからユグノー教徒によってよってはじまりました。大手DGBグループの傘下であり、現在世界50カ国以上輸出しており安定した品質により高い評価を得ている。

ベリンガムとは「美しい畑」という意味。卓越した技術力と商品開発力で、幾つかのブランドを所有しているが、創業者バーナードの名前を冠にした同社のトップレンジ「バーナード・シリーズ」は、数々のメダルやトップ評価を勝ち取るなど、南アフリカ屈指のワイナリーの1つに成長している。


【良いワインは畑から始まる】
ベリンガムのワイン作りは「不干渉主義」。全てのワインで天然発酵を採用。可能な限りナチュラルなワイン作りを目指しています。ブドウは、西ケープ州の様々な畑からベストなブドウを厳選。品種、テロワールに忠実で、フルーティでナチュラルなブドウの味わいを楽しめるワインを追求しています。


【南アフリカ初のワインを3つリリース】
①1949年 ロゼワイン、②1951年 辛口白ワイン、③1956年 シラーズ100% と南アで初物尽くしのワイナリー。その後も畑やセラーの改良に取り組み、ベリンガムは「クラシックなスタイルのニューワールドワイン」造りに励み2003年には南ア初のローヌスタイルSMVをリリース。バーナード氏が築いたDNAを引き継いでいます。


【チーフ・ワインメーカー(醸造家)ニール氏】写真下
(作る)という意味のワインメーカーという呼び名が嫌いで、自分はワインという絵にフレームを付けているような者。我々はバーナード氏のイノベーション(改革)のDNAを引き継ぎ、新しいことにチャレンジしていきたい。と語る。

  • ベリンガム

  • ベリンガム

  • ベリンガム

ベリンガム

ベリンガムの商品紹介

ワイン

ブランドTOPに戻る

Page top