酒類総合商社 株式会社マスダ

ブランド

ホームブランド > ニュービギニングス New Beginnings

  • ニュービギニングス New Beginninngs

南アフリカワイン業界のパイオニア

ニュービギニングス New Beginnings [ パール地区 ]

[ 設立年度 ] 1988年

南アフリカ・ケープタウン郊外のパール地区に、白人弁護士アラン・ネルソン氏が子供の頃からの夢であった葡萄畑とワイナリーを購入し「ネルソンズ・エステイト」を開いたのは、アパルトヘイト(人種隔離)政策も終焉に近づいた1988年のことでした。

ネルソン氏は労働者を集め話をしました。それは、素晴らしいワインを造る為の二つの画期的な改革でした。一つは、当時行われていた「ドップシステム(労働者への賃金をワインで支払う習慣)」を廃止し、二つ目はそこに居た黒人労働者達(当時は農園と農園労働者は セットで一緒に売買されていた)に”みんなが造ったワインで地域の品評会の賞をとることができたら何かプレゼントをしよう”という約束でした。
彼らの努力が実り「ネルソンズ・クリーク」のワインは、それから数年後の1994年から3年連続で見事金賞を授賞しました。そして1997年、ネルソン氏は約束のプレゼントとして彼の労働者16人に9ヘクタールの葡萄畑を与え、労働者達は「クレイン・ビギン(小さな始まり)」という協同組合を設立し、自分達のオリジナルワイン「ニュービギニングス」を造り始めました。更にネルソン氏は、無償で彼らにワイン醸造設備を貸し、当時の「ネルソンズ・クリーク」のワイン醸造家カール・アレン氏による技術指導も無償で行いました。
翌年1998年、遂に南アフリカ史上初の黒人生産ワインが誕生し海外にも輸出されるようになりました。

  • 南アフリカ初の黒人所有ワイナリー

    南アフリカ初の黒人所有ワイナリー

ニュービギニングスの商品紹介

ワイン

ブランドTOPに戻る

Page top