酒類総合商社 株式会社マスダ

ブランド

ホームブランド > 薩摩の一滴 白露酒造

  • 薩摩の一滴 白露酒造

地元指宿産「黄金千貫」100%、薩摩富士の天然水使用

薩摩の一滴 白露酒造 [ 鹿児島 ]

[ 創業年度 ] 享保15年(1730年)

白露酒造は享保15年創業の造り酒屋でした。 それから時を経て昭和35年に白露酒造株式会社となり、平成元年に指宿市山川(旧山川町)に工場を移転しました。 指宿市山川は薩摩半島最南端に位置し、17世紀初めにさつまいもが初めて日本に伝来した地であり、土壌の質が良くさつまいもの成育に適しています。また、薩摩富士と呼ばれる開聞岳があり、豊かな緑に包まれた山々の麓より湧き出す質のよい天然水(軟水)が豊富な場所で、この水は 国土交通省「水の郷100撰」に認定されています。

白露の名前の由来は、焼酎造りの原料である「さつまいも」の収穫が、初めて露が降りる白露(はくろ)(24節季のひとつ)の時期にあたることから命名されました。
白露酒造の焼酎は山川地区をはじめ、自然に恵まれた鹿児島県産の上質の黄金千貫を主に使用し、開聞山麓の地下数百メートルから湧出する天然水を仕込み水、割り水に使用しています。
昔ながらの製法を忠実に守り、焼酎の旨さを醸し出す為、約1年間熟成しています。 約1年という期間で外気との温度差で生じる余分な油分のみを手すくいで丁寧に取り除くことによって、 低温ろ過にはない深い味わいを残すようにしています。

  • 薩摩の一滴 白露酒造 Satsumanoitteki

  • 薩摩の一滴 白露酒造 Satsumanoitteki

  • 薩摩の一滴 白露酒造 Satsumanoitteki

日本酒

  • 貴仙寿

    貴仙寿

    伝統の技と心が醸し上げた酒

焼酎

ブランドTOPに戻る

Page top