酒類総合商社 株式会社マスダ

ブランド

ホームブランド > クローヌ Krone

  • クローヌ Krone

南アフリカワイン業界のパイオニア

クローヌ Krone [ トゥルバッハ地区 ]

[ 設立年度 ] 1710年

ケープタウンから北東へ向かうとトゥルバッハ地区がある。ワイナリー、クローヌ(トウェー・ヤンガ・ゲゼレン)は、この地区にあり、家族経営としてはこの地区で最も古く、南アフリカ全体でも2番目に古いという伝統的な家族クローヌ家が運営している。トウェー・ヤンガ・ゲゼレンとは難しい名前だが、「二人の若い独身男達」という意味で二人の若者によって始まった。

クローヌは、南アフリカワイン業界でも沢山の革新的手法でパイオニア的な存在として知られている。1950年代に低温発酵を導入、1985年にはナイト・ハーベスト(夜間収穫)を導入、1991年に酸化防止剤無添加のスパークリングをリリース、1995年にはフランス・シャンパーニュのマム(Mumm)社と提携。他にも地下セラーでスパークリングワインを生産するなど、今では他社も導入しているが、南アフリカでは全て初めての試みだった。現在は雇用創出のためと、できるだけ機械を使わず、手作りにこだわっている。

  • クローヌ Krone

  • クローヌ Krone

  • クローヌ Krone

  • クローヌ Krone

クローヌ Krone

クローヌの商品紹介

ワイン

ブランドTOPに戻る

Page top